サイトメニュー

筋肉が原因の場合には

カウンセリング

筋肉の動きを抑制

ボトックスを使った美容整形術には色々な種類があり、使う目的にも違いがあります。どの施術も人気がありますが、エラの部分にボトックスを使って小顔にする施術を行う人も数多くいます。この施術は注射をするだけで顔を小さく見せることができるので、整形手術初心者の人にも大変人気があります。エラの張っている部位は骨格の上に筋肉や脂肪がついていることが多く顔を大きく見せてしまう要因のひとつになっています。その中のひとつに咬筋という歯を噛みしめる時に使う筋肉があります。この筋肉は食べ物を食べる時だけでなく、体に力が入った時に強く噛みしめてしまったりすることもあり、習慣的に歯を噛みしめている時間が長くなると咬筋が発達しすぎてしまうことがあります。また歯ぎしりをする癖のある人も歯を強く噛みしめている時間が長くなるので他の人よりも咬筋が強くなっていることがあります。それだけならば問題はありませんが、筋肉が強くなることで太く発達してしまうと顔を大きく見せると言うデメリットを生じます。そういった時に一時的にボトックスを使って筋肉の動きを抑制して筋肉を痩せさせることができれば、小顔効果を出すことができます。顔が大きくて悩んでいる場合にはボトックスを試してみると、徐々にエラがすっきりとしてくる実感があるでしょう。エラが張っている顔の原因が筋肉の発達によるものかどうかを確かめたい時には美容整形外科のカウンセリングを受けてみると医師の診察を受けられます。そこで必要があると判断されればボトックス注射をおすすめします。ボトックスは注射をして体の中に入れることで薬剤が浸透した部位だけに限定して効果を出すことができます。注射の中には血管に薬剤を入れるものと、血管以外の部位に薬剤を注入するものがあります。血管に薬剤を入れた場合には、薬剤が血液を通して体中をめぐるので全身に効果を広げます。しかし、ボトックス注射はそういった種類のものではないので、薬剤が吸収された部位にのみ効果を発揮します。そのため気になる部位だけに効果を出すことができ、使う人によってオーダーメイドの治療をすることができます。もしも顔の表情じわが気になる時には一か所だけに薬剤を使うこともできますし、使う薬剤の量も個人によって必要量を決めていきます。ボトックスは筋肉の動きを麻痺させる効果を持ちます。強く効き過ぎると体を動かしづらいといった副作用がでることもありますが、滅多にそういったことはなく今まで通り日常生活を送ることができます。エラの部分にボトックスを使って小顔効果を出す時には咬筋の動きを抑制しますが、普段通りに食事をすることができますし、特に気をつけることもありません。まれに多少咬みにくさを感じることがあるようですが、数日もすれば慣れてきて気にならなくなるようです。慣れてしまえばいつも通りに食事をしたりして生活をしているだけで小顔効果を感じることができるので大変便利な施術のひとつです。ボトックスの効果は数カ月のみなので効果が切れてくると筋肉が元のように動くようになります。その時には再び施術を受けることで効果を長続きさせることができます。

利用できる特別な治療法

顔に触れる女性

簡単に顔のと大きさを変えられるボトックスは、小顔整形の施術として人気が高く利用する時の料金も安いです。治療費は数万円程度になるケースが多いですが、クリニックのキャンペーンなどを利用すればもっと安くできる場合もあります。

詳しく見る

施術で手軽に顔を小さく

注射器

ボトックス注射は小顔をつくることが出来るおすすめの施術です。薬剤は国内で認可されているものとそうでないものがあるので、安全面を考えれば国内で認可されているものを使用しているクリニックがおすすめです。ぜひクリニック選びも慎重に行いましょう。

詳しく見る

フェイスラインを簡単改善

顔に触れる女性

ボトックス注射は手軽に小顔をつくることが出来る施術です。簡単な施術なのでこれまで美容整形を受けることが出来なかった人でも受けやすい施術でしょう。施術後はエラ部分をすっきりさせることが出来るのでエラ張りで悩んでいる人におすすめです。

詳しく見る